おすすめ投稿

どうか迷ったら

資産の運用スタイルにはさまざまなものがあります。「こうする方がいい」と語る人は多いですし、様々な書籍、インターネットなどで調べても多種多様な情報が出てきます。色々な土地の活用、運用方法がある中で、どのようなスタイルを取るのかということはそれぞれのオーナーに委ねられていることですから、「何が正しいのか」ということに迷ってしまうケースはとても多いです。何をどうすれば自身が希望するカタチに落ち着くのかということです。

判断に迷ってしまうことはたくさんあります。特に売却しようと考えていなかった土地に対して、買い手がたくさんつくということもあります。さまざまな不動産事業者から立て続けに打診があるということもあります。別にその土地を売却して儲けようと考えていたわけではないけれど、なぜかその土地が注目を集めてしまうということを経験したオーナーはたくさんいます。

現金が手元に入れば、人は「儲かる」という感覚を覚えます。売買は資産の「現金ヘの置き換え」ですが、その敷地の活用方法を見いだせていない状態では、そして「何もしない状態」では、その資産は「お金にならない」ということと等しい状態です。価値があるようでない、非常に勿体無い状態です。

そのようなことを考えると、所有している土地を現金化できる資産と捉えて、機会のあるときに売却した方が、その後の「可能性」はとても広がるということになります。現金としての資産が少なかったので欲しいものを買うことができなかったということを打破することができます。自身の敷地に買い手が付くということは、「価値の置き換え」ではあるものの、可能性が一気に広がることでもあるのです。売却できるときに手放す方が、賢い選択といえます。

土地売却の査定相場と価格がすぐにわかるサイトをお探しなら

大通りに面している土地の選び方

土地の購入の際には様々な条件の下で選択することになります。
人によって譲れない条件は変わってきますが、女性の一人暮らしの場合に気になるのは治安についてです。

治安の良い地域であっても出来るだけ大通りに面している土地を選びたいところです。
これはマンションにも言える事であり、実際に大通りに面しているマンションの家賃は面していないマンションよりも家賃が割高に設定されています。

それだけ人気のある場所ということです。
では大通りのどちらの方角にある土地がいいのかということになってきます。

南側であれば日当たりが良く、風通しも良い為にカビも生えにくく人気となっています。
しかし大通りから居間が丸見えになったりとプライバシーの観点から見るとお勧めできません。

実際にそういった場所に建っている家はどれもがプライバシーに関して異様に気にしています。
基本的にブラインドが設置してあり、中を覗くこと出来ないようになっています。

土地の購入によって資金不足に陥らないようにする

土地の購入によって資金不足に陥らないようにする
家を購入するには土地と一緒に購入する事になります。
つまり土地の値段が高ければ高い程に、家にかけられるお金が少なくなります。
自らの資金をちゃんと計算せずに、あまりにも立地条件の良い土地を購入してしまっては後から後悔してしまう事になります。
それによって家の大きさや内装の規模を縮小しなければならなくなる場合もあります。
一度決めた家の構造を変更するのはとても惜しい事であるので、計画時からそれぞれにいくらまでお金をかけるのかしっかりと計算しておくことが大切です。
土地も家もどちらもに自分の意見を反映させる事が成功と言えます。
また不動産取得税という税金が存在しており、これは不動産を取得した際に国治めなければならなくなる税金です。
つまりこの事を知らなければまず資金不足に陥ってしまうことになります。
これらの税は減税する事は出来ないので、予め不動産会社に相談しておいて見積もりを出しておいてもらう事が大切です。

土地を楽しく活用

土地を楽しく活用
いろいろと活用することができる土地、購入すればあなたの好きな活用方法で使うことができますね。
たとえば家を建てたいとか、会社を作りたいとか、いろいろと活用する方法がありますが、そういったところに向いている土地かということを考えて買うことが大事です。
土地はいろいろなところにあるので、自分にあったところを探すために、しっかりと時間をかけても探すことがとても重要です。
いろいろと土地のことを調べて、そこにあっているところかどうかを確かめるということがとても大事です。
あなたの家や、仕事場を建てるための土地ならば、しっかりと自分にあったところを購入して、後々後悔しないように、毎日楽しく生活することができるように、毎日楽しく仕事をすることができるようにしっかりと吟味することがとても大切です。
調べたりするのも結構楽しいものなので、しっかりと調べてあなたのために楽しく使うことができるところを選ぶことにしましょう。

不動産屋のイメージとは?

不動産屋のイメージとは?
よくサザエさんに登場してくる花沢さんのお父さんが、不動産屋をやっている事はほとんどの方が知っているのでしょう。
また、不動産屋のイメージについては、うちわで仰いで椅子に座っているイメージで、私も幼い頃は本当に楽なお仕事なんだなぁという風に思っていました。
しかし、不動産屋のお仕事いうのは決して楽なお仕事ではありません。
それでは、不動産屋のお仕事とは一体何が大変なのでしょうか?それは、まず1番に客商売となりお客様第一主義はもとより、お客様の都合に合わせる為時間も遅くなったりするのも普通のことなのです。
しかし、売る物が家や土地などの高額なものばかりとなる為、きちんと顧客に売ることさえできればとても儲かる商売と言えるのです。
ですから、不動産屋とはサザエさんに登場する花沢さんのお父さんのとても楽そうなイメージを持っていましたが、決してそんなことはないのです。
むしろ、楽というよりしんどいお仕事となりますが、その見返りは大きいと言えます。

不動産業者が土地を安く買って高く売るノウハウとは

不動産業者が土地を安く買って高く売るノウハウとは
不動産業者が土地を転売する際には、できるだけ安く買ってできるだけ高く売る、というのが高収益を上げる基本原則となります。
とはいっても、実際問題として、安く買った土地を高く売る、ということができるのでしょうか。
むろん、詐欺的な手法でお客を巧みに騙して、というのは論外で、あくまでも正当な方法でできるだけ安く買取り、できるだけ高く売る、というようにできる手法を用いて、ということなのですが。
こうした手法のひとつに、あまり高値の見込めない土地をその売主から安く買取り、その後、その土地に何らかの付加価値を見出せることによって、その土地を高く売ることができるようにする、というものがあるわけです。
もちろん、これはその不動産業者だけでできることではなく、その買い手となる住宅業者などとタイアップすることで、行われるわけです。
すなわち、売り手は個人なので、もはや必要のなくなった地所を手放すだけなのですが、買い手は住宅業者なので、その建売住宅用の用地として価値の見込める場合であれば、高値での買取りにも応じてくれる可能性がある、ということなのです。
つまり、個人からは安く買うが、業者には高く売るという手法なのです。